26
January

ベリー侯は新年の祝いの宴会の最中にいます。

パーティー会場の壁に描かれた戦争の絵が、この宴会がいかに政治的なものかを物語っています。
政治。こうしたものにうんざりして気もそぞろ……ベリー侯、貴方は違いますか?

テーブルの下では貴方の愛犬が走り回っています。
愛犬が喜んでいるだけで自分もまた嬉しいと、貴方はきっとそう感じていますよね?

国という広大な空間と、新年の行事によって思い知らされる深淵な歴史を前に、プライベートな愛犬との時間が、ほとんど曲芸的にそっと現れます。
高貴なトランペットと足踏みオルガンが、ヨーロッパで時折みかける王と愛犬のワンシーンを描いています。

(作曲家・阿部海太郎)